台風15号の爪痕が、予想以上に地域にダメージを

 静岡に上陸した台風15号が、静岡安倍川上流域の梅が島・玉川、大河内に想像以上に深刻なダメージを与えている。安倍川河川で護岸工事をしたところも、大量の濁流が護岸の後ろ側に回り、土砂崩れが起きた。護岸ぎりぎりまで水嵩を増した濁流は、今回あふれるところまでいかなかったものの、もう一度大雨が降れば、一気に決壊することも起こりうる。そんな箇所がいくつも見られた。山への植林・間伐・・・、「いのちを守るコンクリート」の整備など、緊急対策がまったなしである。

安倍川上流梅が島の道路崩落
安倍川上流梅が島の道路崩落
藁科川上流大川の道路崩落
藁科川上流大川の道路崩落
2011-9-29 18:14 ( 陽子日誌 / 新着情報 )
カテゴリ内ページ移動 ( 120  件):     1 ..  44  45  46  47  48  49  50  .. 120    

Copyright (c) 2004 Yoko Kamikawa Office. ALL RIGHTS RESERVED.